山梨県開催コース

樹海の中を探索しながら洞窟を目指し神秘の氷を体験しよう~!!

洞窟内の気温 約0℃

※氷の洞窟コースではアクティビティ要素はほぼないです。基本的に普通に歩いて、と~ってもキレイな氷の造形美を鑑賞することがメインのコースとなっております。ほふく前進や、岩を登ったりするようなことをお求めの方は岐阜開催の各コースにお申し込みください♪

1V5A1309.jpg

世界遺産になった富士山!

地表だけがすばらしいわけじゃない!地下にもすばらしい世界があります!

世界的にも数少ない溶岩洞窟!是非!チャレンジしてください♪

氷の洞窟コースは樹海の中をゆっくりガイドと歩いて、青木が原樹海も楽しみながら洞窟に向かいます♪

ケイビングだけではなく安全に樹海も探索できますよ~!!

1V5A1290.jpg

ここは本当に日本なのかと思うくらいの景色を体験しよう!

富士樹海の中を歩き、神秘の氷の洞窟を目指します!

1v5a1161.jpg

※氷の成長具合(大きさや高さ)は毎年、天候により変動します。

1v5a1183.jpg

1v5a1252.jpg

inq_kochira_hover8.jpg

参加費

お一人様:10000

小学5年生以上からご参加可能

(レンタル装備、保険料、税含む)

集合時間&集合場所

9:00 or 13:30

山梨県鳴沢村

道の駅なるさわ」第3駐車場

当日の流れはこちら

最小催行人数 3名様以上
参加費に含まれるもの つなぎ、グローブ、ヘルメット、ライト、サポーター、ガイド料、保険料
当日の持ち物

●インナー(長ズボンのフリースやジャージ等、保温性の高い薄手のアウター等)

夏場(5~9月)は準備中や洞窟に行くまでは暑いため、暖かい下着を着用するより暖かい上着(ユニクロのウルトラライトダウン等)をご用意することをおススメします。

洞窟の中に入るまでは半袖にツナギを腰履きして、洞窟に入る直前にご用意した上着を着てツナギを羽織るのがベストです♪

集合場所に更衣室はないのでインナーを着用した状態で集合場所に来ていただければ幸いです。

●運動靴or長靴

運動靴は洞窟内で濡れてしまいます!

そのためツアー用として持参することをおススメします♪

●靴下の替え

靴下まで濡れるため必ずお持ちください!

●タオル 

【重要注意事項】

①参加費について

参加費は現地にて当日現金でお支払いください。

グループでとりまとめていただければ受付もスムーズに進みます。ご協力お願いいたします♪

②参加条件について

大変申し訳ございませんが、18歳未満の方のみでのご参加はできません。

③貴重品について

貴重品(お財布とお車のカギのみ)は当日の担当ガイドが責任を持ってみなさまからお預かりし、ツアー催行中は肌身離さず持ち歩きますのでご安心ください♪

④服装について

動きやすい服装で来てください♪

準備中や洞窟に行くまでは暑いため、暖かい下着を着用するより暖かい上着をご用意することをおススメします。洞窟の中に入るまでは半袖にツナギを腰履きして、洞窟に入る直前にご用意した上着を着てツナギを羽織るのがベストです。

集合場所に更衣室はありません!

⑤公共交通機関で来られる方へ

大きいスーツケースやボストンバックだと送迎車に載せられない場合があるので駅のコインロッカーやホテルに預けていただくようお願いいたします。

⑥靴について

氷が破壊されるのを守るため、アイゼンやスパイク付きの靴はお断りさせていただきます。

⑦13:30集合ツアーの解散時刻について

大型連休(GW、お盆等)はツアー終了後、洞窟から集合場所まで戻る際かなり渋滞する場合があります。

現地解散する時刻が18時近くになることもございますのでツアー後のご予定は余裕をもってご計画してください♪

⑧参加上限人数について

送迎車の乗車定員の関係から一度に開催できる人数は9名様までとなります。

⑨コース内容について

氷の洞窟コースではほふく前進をしたり、岩を登ったり、全身泥んこになったりは全くないです♪

そういったことを求めている方は岐阜開催の各コースへ~!!

⑤カメラについて

みなさんが探検している間のお写真は担当ガイドが撮影していきます♪

その後DVDにコピーし後日、代表者の方へ郵送させていただきます!

(お送りさせていただくお写真は当日ガイドが撮影したもの全てお送りさせていただき、参加者の方ご自身で選別していただく形となっております。)

またカメラの故障、時にはカメラを忘れたりハプニングは予測できません。

お写真は必ず保障されるものではありません。

ご自身でも撮影したい方は防水、防塵タイプカメラをご持参ください♪

ただ急激な温度差(真夏は30℃差)により結露が生じ、カメラやスマホの内部から水濡れしてしまう恐れもあるためおススメはできません♪ 

inq_kochira_hover8.jpg insta_cover1_compressed.jpg